闇金融業者は確実に存在しています

ここ数年で消費者金融のイメージは随分と変わりました。大手消費者金融はみな銀行の傘下に入り、その信頼性を確実に向上させてきました。もちろん銀行の傘下に入る際は、しっかりと内部調査されその上で提携したはずです。

 

よって、知名度のある消費者金融は、財務状況も取り立て状況もクリーンであると認識されています。

 

しかし消費者金融業界に潜む闇はまだ払拭できていません。その事は、新設された闇金融対策法からも読み取れます。闇金融の問題は深刻で、その改善を目的として同法律が制定されたのです。これに属する悪徳業者は、一見すると他の優良企業と見分けがつきません。見極めるポイントを理解され、それを参考にして区別するのが良いでしょう。

 

たとえば借り入れ相手の登録の有無を、確認されてはいかがでしょうか。貸し出し業者は法律の規定に依り、行政への登録が必要です。無登録営業の場合には、罰金や刑罰が科せられるため、大概の業者はそれを済ませます。しかしこれを済ませない業者も、中には存在するのです。

 

その様な業者は闇金融に属している可能性が高いです。何か悪い理由があるから、登録を済ませられないのかもしれません。登録状況は、金融庁が発表する情報を手掛かりにして、調べることが可能です。
闇金融業者対策